デイサービス長老大学とは

デイサービス長老大学とは、高知県本山町にある地域密着型通所介護事業所です。
高知のお山の小さな町にある、民家を改修した、定員10名の小さなデイサービスです。
長老大学は、「高齢者が若者を支える。高齢者と共に未来を創る。」をコンセプトに、”逆支援型デイサービス”と名乗っています。
介護の現場では固定化されがちな、「支援する若者」と「支援される高齢者」の関係をひっくり返し、「人の役に立つ充実感」を楽しんでいただき、元気になれる場づくりを目指しています。いつでもお気軽にご見学にお越しください。

1.聞き書き介護

デイサービス長老大学では、ご利用者の皆様のお話をじっくりお聞きして記録する「聞き書き介護」を行っています。昔の仕事・昔の暮らし・今考えていること・感じていることなど。様々なお話をお聞きして、カードに記録しています。皆様のお話には、私たちが何かをしようとしたり、考えたりする時の支えになるようなヒントが沢山あります。長老大学の名前のとおり、長老の皆様から私達が学ぶ、とても楽しい時間でもあります。

2.価値共創・長老大学企画

 価値共創事業では、聞き書き介護で高齢者の皆様に感じていただいた「役に立ってる感」を、「実際に役に立つカタチ」として現実化することを目指しています。高齢者の皆様とともにワクワクドキドキするような体験を楽しみながら、新たな経済的価値・教育的価値・社会的価値など、様々な価値共創にチャレンジしたいと考えています。コラボ(提携)企業・ビジネスパートナー募集中です!

デイサービス長老大学が目指すもの

・ご利用者が「人の役に立つ充実感」を実感し、元気になるデイサービスをつくりたい

・ご利用者と共に世の中に新しい価値をつくりたい(経済的価値・教育的価値・社会的価値など)

・長老大学の取組みを広げ、高齢者が尊敬され、長寿を心から喜べる社会をつくりたい

デイサービス長老大学のブログ